商品検索
お探しの商品を入力下さい。

価格帯で探す

新商品紹介 土佐打ち刃物 森林特集

トップ > 大工道具 > 玄翁

トップ > ◎特集◎ > 本店限定商品



「情熱を燃やす鍛冶がいる」

越後三条に継承された究極の技に挑む玄翁鍛冶 相田浩樹。

ライン
江戸から招かれた釘鍛冶が発祥とされる三条の鉄打業は和釘に始まり多くの刃物・道具へと発展しました。


玄翁鍛冶・幸三郎氏は幼少の頃から60年間鍛冶職人として励み、伝統技術を極め名声を残しました。

その幸三郎氏から直接教えを請うことのできた相田浩樹さんは師の教えを忠実に守り、
厳しい姿勢で玄能作りに臨んでおられます。


『本当にすばらしく、自分でも納得のいく玄能ができるまでは、商品として、市場に出すな。』との
名人の言葉を噛みしめ、師の技に近づきたいとの強い思いで日々努力を続け、
年数重ねてすばらしい工芸品を生み出しました。


全鋼玄翁は熱処理により部分部分の硬度を変える必要があるためハガネ付にない難しさがあります。

ひつ周辺の中心部は衝撃を吸収するように柔らかく、
両端の打つ表面部は硬くする焼入れは水を流しての繊細な作業となります。


季節による水温の違いを加味した水量の絶妙な調整具合が玄翁の運命を大きく左右します。

成形においても全体のバランス・形状の美しさ・ひつ穴の正確さと熟練の勘が必要とされます。


「かけず、まくれず」はもちろん素早い正確な作業を長時間しても疲れにくい玄翁を理想として作られました。

一般的な玄能、金槌は鋼で成形され、焼き入れ処理により必要な硬度に加工されている。

鉄で出来ていると誤解されていますが、鉄は熱処理を施しても硬くなりません。

鋼は純鉄に0.03%から1.7%の炭素が合金されたもので、
それより多くの炭素を合金したものは鋳鉄、いわゆるイモノと言われます。
玄能の頭の一端は平らで、こちらでのみを叩き釘を打ち込みます。
そして他の一端はほんのりと中高になっており、こちらでほぼ打ち込んだ釘を最後に叩きしめる。

但し、鑿叩き専用のものは両端が平らに造られています。

舟手玄翁の尖った方は、ピンポイントで叩きたい時などに使用します。先の尖った方を戸車の高さ調整のため使うなど両口の玄能と違った役立ち方をします。




弘樹作 極上 両口ダルマ 玄翁 180匁675g 火造り
弘樹作 極上 両口ダルマ 玄翁 180匁675g 火造り
弘樹作 極上 両口ダルマ 玄翁 180匁675g 火造り

三条の玄能鍛冶作品
浩樹作 極上 両口ダルマ 玄翁 180匁675g 火造り

  • 送料無料
  • 本店限定

商品番号 1110953

当店特別価格19,300円(税込)

[965ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
■サイズ
 180匁675g


道具のお手入れに
ヒッター 金床 金盤


その他の大工道具はコチラから
常三郎 播州 鑿
木彫り 玄翁
播州 鋸
のこぎり
金切り鋏
墨付け

■砥石も豊富にございます。ご一緒にいかがでしょうか?

この商品を見た方は、こんな商品もチェックしています!

硬質材専用「天山」超硬鉋70mm

当店特別価格 37,000円(税込)


鋭利な切れ味
壮七郎 白紙鋼 鑿 グミ柄 追入のみ 10本組

当店特別価格 68,300円(税込)

セット(3mm 6mm 9mm 12mm 15mm 18mm 24mm 30mm 36mm 42mm)


播州三木小山市 中叩き鑿 9mm

当店特別価格 7,000円(税込)