TOPページ 送料についてカート
新規会員登録 会員ログイン パスワード紛失 メルマガ登録
当方が責任を持って厳選しました刃物・道具を販売いたします。
家庭や仕事に役立つ道具を豊富に取り揃え。
商品一覧よくある質問お買い物ガイド会社概要
包丁 園芸鋏 園芸用品・土農工具 剣鉈・山林道具 草刈替刃 大工道具・DIY
砥石・お手入 調理道具 美容道具 手芸・生活雑貨 贈り物 特集・その他
三面砥石 シャープナー 砥石台 椿油 ヤニクリーン
商品検索
キーワード

価格
会員様専用 ログイン
[新規会員登録]
会員様用マイページ
パスワード紛失
買い物カゴ
を見る⇒
砥石・メンテナンス
 天然砥石
 
焼結ダイヤ
 電着ダイヤ
 セラミック砥石
 人造砥石
 面直し
 シャープナー
 砥石台
 金盤
 鎌砥石
 彫刻刀砥石
 長刃包丁用丸砥石
電動研磨機
 刃物研磨機
 彫刻刀グラインダー

砥石の番手で選ぶ
 荒砥石
 中砥石
 仕上げ砥石
 超仕上げ砥石

ブランド別で選ぶ
 京東山
 シャプトン
 NANIWA
 KING

園芸道具お手入れ道具
草刈りチップソー研磨セット
笹刈刃チェーンソーやすり
耕運機・管理機の
泥落とし

お手入れ用品・
お役立ち情報
 刃物用椿油
 ヤニクリーン
 砥ぎ補助道具

参考情報
 包丁のお手入れ&研ぎ方
 園芸鋏お手入れ&研ぎ方
 薪割斧お手入れ&研ぎ方

有料メンテサービス
 研ぎ・修理・部品取寄せ

その他ジャンルへ
包丁
 カスタム包丁
 和包丁
 洋包丁
 家庭用包丁
 麺切包丁
 中華包丁
 ギフトセット
 左利き用
 粉末ハイス

大工道具
園芸鋏
園芸用品
草刈用品
剣ナタ
山林道具
調理器具
土農工具
理美容品
家庭用品
その他

ラッピング
 包装紙
 のし

お見積もり
お役立ち情報
左利き刃物
ほんまもんギフト
よくある質問
質問回答集
■ご注文方法
■メールが届かない
■名入れについて
■ラッピングについて
■鋼の種類について
■刃物のお手入れ
■銃刀法について
■海外発送について

エコ梱包宣言
ご購入後も安心のアフターサービス
名入れについて
クロネコヤマトの荷物お問い合わせ
レビューを書いて100ポイントゲット!
ほんまもん公式facebook
メールマガジンのご登録
氏名

お申込みEメールアドレス

確認メールアドレス


解除ご希望のお客様はこちら
ほんまもん モバイル
QRコード

トップ > 砥石 > 仕上げ砥石

仕上げ砥石 (目安の番手#2000〜#3000)
砥ぎの仕上に。より繊細な切れ味を求める際に。中砥石でできたわずかなキズまで取り除き刃をさらに鋭くします。

17 件中 1-17 件表示 




本職 超セラミックス砥石 台付き  #5000

本職 超セラミックス砥石 台付き #5000

当店特別価格12,200円(税込)

本職 超セラミックス砥石 台付き  #3000

本職 超セラミックス砥石 台付き #3000

  • 感想有り

当店特別価格8,980円(税込)

本職 超セラミックス砥石 台付き  #2000

本職 超セラミックス砥石 台付き #2000

当店特別価格6,390円(税込)




17 件中 1-17 件表示 

刃物道具の専門店だから、種類・番手とも豊富に砥石を取り揃えています!
ダイヤモンド砥石
ダイヤモンド砥石
セラミック砥石
セラミック砥石
京東山砥石
京東山
シャプトン 砥石
シャプトン(SHAPTON)
シャープナー
シャープナー
キング砥石
キング(KING)砥石
ナニワ砥石
ナニワ(NANIWA)
その他メーカー砥石
その他砥石メーカー
刃物研磨機
刃物研磨機
面直し砥石
砥石セット
金盤
金盤
砥石台
ステンレス砥石台
丸砥石
長刃包丁用(麺切り)
鎌砥石
鎌砥石
面直し砥石
面直し砥石
■砥石の番手の選び方

荒砥石 #100〜#600
 包丁が欠けた時や、錆び落としに使います。
中砥石 #800〜#1000
 包丁の切れ味が悪くなった時に使います。切れ味が戻ります。
仕上砥石 #2000〜#3000
 砥ぎの仕上に。より繊細な切れ味を求める際に。
超仕上砥石 #5000〜#10000
 さらに精密な仕上に使います。本職の方が使います。
※一般家庭での普段使いでは、中砥石と仕上砥石をよく使うことになると思います。
中砥石で切れ味を取り戻し、仕上砥石で研ぐことで細かい傷が取り除き、切れ味を長持ちさせます。
>>刃物のお手入れ方法、砥ぎ方はコチラ
■砥石の面直し(砥石のお手入れ)
凸凹な砥石の上で刃を研ぐと、当然刃も凸凹になってしまいます。
刃研ぎの途中で砥石の形が崩れたのに気付いたら、再び平らにしてください。
砥石にしっかりと水を含ませた状態で、直したい面を面直し砥石に当ててこすってください。

このとき、砥石は壊れやすい状態になっていますので、丁寧に扱ってください。
数回こすったら砥石を観察して、削れているか確認してください。これを平らになるまで繰り返してください。

>>面直し砥石はこちら