トップ > お知らせ > よくあるご質問 > 刃物のお手入れ

刃物のお手入れ
■包丁のお手入れと保管・研ぎ
■鋏(はさみ)のお手入れと研ぎ方
■薪割斧のお手入れと研ぎ方

包丁のお手入れと保管

ご購入直後

■おろしたての包丁は中性洗剤でよく洗ってご使用下さい。

毎日のお手入れ

【鋼付の錆びる包丁の場合】
◎毎日のお手入れ
■鋼は湿気があると錆びます。ご使用後はよく洗ったあと、乾いた布で水を拭きとり、熱湯を包丁全体に満遍なくかけて、乾いた布で乾拭きしてください。(熱湯は蒸発して乾きやすいからです)
※ガスの火であぶったりしないで下さい。熱で包丁の焼きが戻る恐れがあります。

■毎日使う場合はこのまま包丁立てにしまってください。包丁立ては風通しのよく湿気のこもらないところに置いてください。

◎保管する場合
■お手入れ後に油を少しかけて軟らかい布で包丁の表面にぬり込んでください。油はサラダ油などで結構です。
■長期間使用しない場合は、酸化しない椿油などをぬり込んでください。



【ステンレス系の錆びにくい包丁の場合】

◎毎日のお手入れ
■ステンレス系の錆びにくい包丁でも、水に浸けたまま、もしくは濡れたまま放置しますと錆びる事があります。ご使用後はよく洗ったあと、乾いた布で水を拭き取って、湿気のこもらない場所に保管してください。



保管する場合
■お手入れ後に油を少しかけて軟らかい布で包丁の表面にすり込んでください。油はサラダ油などで結構です。■長期間使用しない場合は、酸化しない椿油などをすり込んでください。


 
ご家庭での研ぎ

どんなに良い包丁でも、毎日のお料理で使ううちに切れ味が悪くなってしまいます。
砥石を使って切れ味を取り戻しましょう。

※ 当店で買っていただいた包丁でしたら砥ぎサービスも承っております。 ※


■砥ぎの前に 〜 砥石の選び方

※砥石には荒砥石・中砥石・仕上げ砥石があります

荒砥 砥石セット
便利な全部セット
包丁が欠けた時や、錆び落としに使います。

中砥
包丁の切れ味が悪くなった時に使います。切れ味が戻ります。

仕げ砥
砥ぎの仕上に。より繊細な切れ味を求める際に。


三面砥石
全てが一つになった三面砥石
※普段使いでは、中砥石と仕上砥石をよく使うことになると思います。

中砥石で切れ味を取り戻し、仕上砥石で研ぐことで細かい傷が取り除き、切れ味を長持ちさせます。

プロやこだわり方にはさらに粒度の細かい超仕上げ砥石もあります。


※刃が欠けた時は
刃が欠けた時は、荒砥石でかたちを整えてから、中砥石→仕上砥石になります。
大きく欠けた時(硬いもの・冷凍食品などを切ると大きく欠ける場合があります)などは、当店にご相談下さい。有料になりますが、砥ぎ直しさせていただきます。⇒料金等、詳 しくはこちら
大きな刃欠けを直しますと、包丁自体がかなり短くなります。ご了承下さい。
メンテ

ライン

※包丁の材質(ハガネ・ステンレス等)によって、最適な砥石が変わってきます。

最近増えてきた、硬い材質(青紙鋼・銀紙3号・ステンレス合金系など)では、
セラミック砥石がオススメです。

当店ではV10や粉末R2などには京東山のハイス系専用の砥石をお勧めしています。



その他の包丁は、普通の人造砥石で大丈夫です。


包丁研ぎを始めるに当たってのオススメは、3種類の砥石と砥石台がセットになった三面砥石 や
 京東山砥石セット です。


とりあえず中砥石だけで練習されたい方には、京東山最高級人造砥石【セラミック1000】をオススメします。
セラミック砥石
最高級人造砥石
【セラミック1000】

■包丁の研ぎ方

1.砥石に水を吸わせてください。
まず、砥石の説明書をよくお読み下さい。水に浸さなければならないものと、
水に浸さなくてもOKなものがあります。
水を吸わせる時間はおおよそ2分程度です。


2.砥石をしっかり固定してください。
しっかりと固定するためには、砥石台の使用がおすすめです。
砥石台はこちら⇒


3.砥石に包丁を45度の角度で当て、0.5cm〜1cm浮かせて、前後させながら研いでください。
研ぎ方
角度調整を補助する
道具もあります。


研ぎ方

4.研いでいる間に出る「とぎかす」は研磨剤(研粒)が混入しています。
洗い落とさず順次水を補給しながら研いでください。


5.研ぎあがると、刃先の裏側に「カエリ」ができます。
裏側を2〜3回軽く研いで、「カエリ」を取れば研ぎ上がりです。


要注意:「カエリ」の有無を調べるとき、
指先を切らないようにご注意ください。

▲上に戻る▲



鋏(はさみ)のお手入れと研ぎ

【鋏のお手入れ方法】

■使用後は、汚れ・ヤニを取り除き油で拭き、ネジ部には注油してください。
■鋏は誤った使い方をいたしますと危険です。取り扱いには十分ご注意下さい。
■お子様の手の届かないところに保管してください。


【研ぎの注意点】

■切れ味が悪くなって研ぐ場合、受刃と裏は絶対に研がないで下さい

剪定鋏の場合
切刃のみを研ぎます。
受刃は研がないで下さい。 裏を研がないで下さい。
植木鋏の場合
切刃のみを研ぎます。 裏を研がないで下さい。
ハサミ類はすべて裏を研がないでください
切刃側の「刃」のみを研いでください。

研ぎ・修理も送料ご負担の上お送り頂きますと実費にて承ります。お問い合わせ下さい。

▲上に戻る▲



薪割斧のお手入れと研ぎ方

ご使用前にはしっかりとクサビを確認してください。

保管中に木は乾燥すると痩せるのでがたつくと危険です。
ご使用前にクサビがよく効いているか、ガタツキがないかと確認して、ガタツキがある場合はよく打ち込んでください。
全部を打ち込んでも効きが悪い場合は、新たなクサビを打ち込んでください。
クサビがなくなってしまった場合はお問い合わせください。


薪割斧は頻繁に研ぐ必要はありません。
刃こぼれを見つけたら研ぐぐらいの頻度で充分です。

わずかな刃こぼれでも使っているうちに段々大きくなっていってしまいます。
刃こぼれが小さいうちに研いでおきましょう。


斧の研ぎ片は一般的な刃物の研ぎ方と少し違ってきます。

ナタや斧の刃は蛤刃になっていて、外側に膨らんだ曲面をしています。
木を外側に割りつつ切り進めるために考えられたもので、他ではあまり見ることのない特徴のあるものです。
そのため、下に砥石を置いて上に研ぎたい刃物を乗せて研ぐという通常の方法が非常に難しくなっています。

ですので、斧の研ぎは普通の砥石ではなく鎌砥石がオススメです。

鎌砥石は片手で研げる小さな砥石です。
鎌などの曲面を研ぐときなどに使用され、斧を研ぐのにも向いています。

【研ぎ方】

1.刃の根元からエッジの先に向かって砥石を動かして研いで行きます。
このとき、斧の方はしっかりと固定して置いてください。

2.エッジの先に行くに従って角度をつけて研いで行きます。

3.裏も研ぎ上げたら仕上砥石をかけましょう。

▲上に戻る▲

現在登録されている商品はありません